So-net無料ブログ作成

【アジアユース予選】日本-ミャンマー現地観戦記【サウジアラビアへの道】 [2007アジアユース予選・タイ]

#一部加筆(2007.11.25)

■2007.11.12(月)

かなりの今更感は強いものの、第四節・対ミャンマーの現地観戦記を。
この日の旅行記とモルディブ-ラオスはこちらを

#この記事を、愛媛さん(仮名)、マリノスさん(仮名)、偽スパチャラサイさん(仮名)に捧げます


この日のチケット。対戦カードが記入してあるのはささやかながら嬉しい。

土曜のチケットは赤だったけど、この日は月曜日(=国王の日)ということもあってか、チケットは黄色。
#正確には国王の日は即位60周年の2006年の適用らしいのだけど

アビスパさん(仮名)だったら、お土産に…と数枚購入したであろう。(マリノスさん(仮名)はチケット無しで入場できたらしいけど:-)


モルディブ-ラオスが終わり、日本のアップ開始。手前ではベンチの貼紙を交換中。


入場口に向かうスタメン11人に、コーチ陣・控え選手から激励の声が飛ぶ。


鈴木惇に対しては『惇シュート打って行け』の指示が。

そりゃ要求が違うのでは? とその時聞いていた我々は思った。(甘かった)


選手入場。当たり前の様に最後尾にいる柿谷に痺れる。


程よい緊張感。

いや正直予選でこんなに緊張するとは思わなかった。謙虚さが足りないかなぁ…。


君が代。誰も歌ってないし。


ミャンマー国歌。えらくポップで選手が大声で歌っていたのが印象的。


ほどほどの気合の入り。過度の緊張は感じられない。ん?

   惇! 足っ 足っ!!


ミャンマー代表。さて今回は何世代か...。

・前半

引いてくるかと思われたミャンマーが積極的に前に出てくる。
打ち合い歓迎、ということで白谷・永井の二人が積極的に飛び出し試合のペースを掴み8分比嘉・14分惇・16分永井が決めて3-0。ほぼ試合の流れを決める。

一点目。永井がペナ左に切り込んで、中央に折り返すし、比嘉が受けて縦に持ち込む。
角度のないところからシュートし、GKの脇を抜けたボールが反対側のポストに跳ね返りゴール。
#川崎高校・阿部弘志ばりの見事なゼロ角度シュート

この場面以外でも多々見られたのが、FWがうまくボールを呼び込んでペナに入っても少し角度があると自分でシュートを打たず、中に合わせていたのが気になった。
ベンチの指示か本人の判断かは分からないけど、合わせるなら合わせるでもう少し(いやもっと)正確さが欲しかった。ジャストで合ったパスはほとんどなかったし。
#いや自分で打って決められるならそれがベストなんだけど

二点目。押し込んだ状態の跳ね返りをペナ外でフリーだった惇が1・2の3でキレイに振り抜いてGKノーチャンスのミドルがドガンと突き刺さる。
#いや試合前の指示通り
この試合では、山本・惇の二人のセンターMFがかなり高い位置にいてこういった場面でボールを拾えて利いていた。
攻撃時は飛び出しも含めてうまく機能していたとは思うが、反面、相手ボールになった時に二人揃ってさくっとかわされる場面が何度かあって、ちょっと怖かった。
まぁ強引にいっても大丈夫な相手だったともいえるけども…。

三点目。ペナやや左よりでパスを受けた永井がドリブルで持ち込み、うまくコースを狙いシュート。結構いいカタチだったと思う。

3-0でミャンマーがやや意気消沈、日本もペースダウンして膠着状態に。
予選はまだ続くし、無理して攻める必要は無いのかも知れないけど、何だか消極感漂う。中途半端に攻めて、中途半端にボールを失って、カウンターをくらうのは何だかなぁ。

結局30分近くだらだらと過ぎ、3-0で前半終了。


選手自身がよく分かっているのか3-0で勝っているチームとは思えない空気でハーフタイム突入。

これはイカンと後半に向け気合を入れ直すマリノスさん(仮名)。


後半開始前。何だか締まりのない円陣。撮影者も締まりがないのだけど。

・後半

交代は無し。
前半最後のダレっぷりにベンチから流石に激が飛んだか、それともマリノスさん(仮名)の気合が伝わったか:-)、開始から日本の攻勢。
惇の右からのFKのこぼれ玉を白谷が落ち着いて押し込んで4-0。

偽スパチャラサイさん(仮名)は今までの試合と違い、ゴールが沢山見られて嬉しそう。が、ここでやっぱり落ち着いてしまうのがこのチーム。
うまくボールは動かせるものの決定機までは至らず。


後半20分。比嘉→井上の交代。

比嘉の位置に中田が入り、惇が左SBの位置に。井上は山本と並んでセンターMFに。

 ・相手の攻めが左中心のため、比嘉は攻守によく動き消耗気味
 ・中田は絞り気味になるため、攻めに入った時の柿谷へのサポートが遅れ気味
 ・惇の動きが重く、ボールを捌くのに時間をかけ過ぎ

これらがスタンドで見ていての印象。これらを一気に解消するなるほどなぁー、な交代。
#単に惇を下げるかと思ったけど


後半24分。白谷→山崎。

白谷はよく走って起点になってた。ポストプレイにも安定感。
一対一でやたら股抜きを狙ってことごとく失敗してたのは国見らしくなかったけど。

山崎が入って前線が活性化。ミャンマーの動きが落ちてきたのもあってギュンギュン行く。

クロスの跳ね返りを拾って、井上につないで、山崎の足下へ。ワンタッチでうまく抜け出しシュート。5-0。
完全に集中の切れたミャンマーの隙を突いて、ハーフウェイ辺りから山本のドリブル。一人二人かわして、GKの手前でフリーの山崎にパス。無人のゴールに落ち着いて流し込んで6-0。


後半33分。最後の交代、永井→大山。

永井もよく走った。もちっとシュート狙って欲しかったけど。


諸事情により:-)、ここからスタンドは大山私設応援団と化す。

四点目と同じ様な位置からの、右サイドからのFKを惇が左足でキック。GKの前に大山が飛び込みゴールイン。7-0。
AFCの記録がどうだろうと、あれは大山の認定ゴールです。

そろそろ終わりかー、という時間を名残り惜しむかの様な柿谷のループシュートが決まり、8-0。
柿谷の良さが分からん、と言っていた偽スパチャラサイさん(仮名)も納得の締め。

ここでカキタニ君(仮名)がマリノスさん(仮名)に光陽で仕込んだ、“ヨーイチロー”コールがバンコクの空に響く。
#まさしくU-17とU-18の融合
#なんだか歴史的瞬間に立ち会った気分


お疲れ様。

試合後、日本から来てた取材陣に『記事にしづらい試合じゃないですか』と言ったら苦笑いしてた、そんな試合。


あーそんなに寄られるとフレームに入りきれんって。

試合後、四人で出待ち。金井・水沼からサハラ予選の逆取材を受けるマリノスさん(仮名)がいとおかし。

これで何とか三連勝。サウジアラビア行きをぐっと近づける。
いいトコロも悪いトコロも山ほどあったけど、これからが大事だし楽しみ。来期の進路が決まってない子もいるけど、これからの一年間の伸びがホントに楽しみなのよ。

■キーワード

 ・ミャンマー暗黒世代説
 ・偽スパチャラサイさん(仮名)、ホンモノ疑惑
 ・柿谷才能出し惜しみ説
 ・25バーツはサウジアラビアで返してね


nice!(4)  コメント(13)  トラックバック(2) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 4

コメント 13

如雪

ホントに若いもんはええですなぁ~。
これの次の試合ではガチな二人がそろって出場したようですが、minejaさんは現地観戦されたのでしょうか?
by 如雪 (2007-11-15 22:22) 

マリンかもめ

来年の本大会が正念場、頑張って欲しいですね。
by マリンかもめ (2007-11-16 11:40) 

バンコク親父

誰が偽やねん!
と突っ込んでみる。

未だ本物を捕らえていません。
タイ戦では本物を逮捕するつもりです。

どうもお疲れ様でした。
次回バンコクにお越しの際にはご連絡を・・・・
by バンコク親父 (2007-11-16 18:20) 

mineja

>如雪さん
nice!ありがとうございます。

僕はこの試合の翌日帰国でしたので、残念ながらガチコンビの出場は見ることができませんでした。来年のサウジアラビアに期待です。(何を?)
by mineja (2007-11-17 14:35) 

mineja

>マリンかもめさん
nice!ありがとうございます。

僕の持論としては、頑張ってる選手に外野が簡単に“頑張れ”というのは酷、だと思っています。
ですので、僕としては彼らを信じて見守ることしかできないと考えています。
とはいえ、ここ二回アジアユースの準々決勝では大変厳しい試合となっており、並大抵の頑張り以上が必要なのかも知れません。

ただただ信じるのみです。

僕も色んことに相当頑張らないとサウジアラビア行きは実現しないでしょう。何とか彼らを見守り続けたいと願っております。
by mineja (2007-11-17 14:42) 

mineja

>バンコク親父さん
コメントありがとうございます。

いやまだホンモノ疑惑は完全には解けていませんが:-)。

バンコクではお世話になりました。もう少し早く連絡できればよかったのですが...。
今回は短い滞在でしたので、今度は時間のある時に再訪したいですね。

今回は本当にありがとうございました。
タイとの最終節は消化試合になってしまいました。柿谷も帰国してしまいましたが、最後まで楽しめることを願っております。
#お二人にもよろしく
by mineja (2007-11-17 14:46) 

mineja

>idetchさん
nice!ありがとうございます。
by mineja (2007-11-20 20:47) 

カウンタック

はじめまして。国見高の白谷選手も活躍しているようですね。
by カウンタック (2007-11-26 16:12) 

仮カキタニ

ダンダンダダダダンよーいちろう
ってしてくれましたか!

偽スチャパラダイさんも
曜一朗の良さがわかってくれたみたいで
でも何か足りてないものがあるのも確かですよ。
2chでのセレサポの総意です。
でもセレッソには真司っていう見本がいるんで
そこから学んでくれたらって感じですな。

あと白谷君は、うち(セレッソ)が貰い受けます。
by 仮カキタニ (2007-12-02 13:52) 

mineja

>カウンタックさん
nice!ありがとうございます。

SBSの時はちょっと空回り気味な印象がありましたが、今回観戦した試合ではかなりチームにフィットしていた様に感じました。
牧内さんのやり方は、トップにボールを一旦収めてからですのでここの精度は更に上げていって欲しいものです。
by mineja (2007-12-04 22:34) 

mineja

>カキタニ君

香川・柿谷残留宣言というのを何処かで目にしたのですが、真相は如何でしょうか。
白谷の入団もまだ決まってないよね、確か。
セレッソ行って出番あるのかなー、うーん。
#それより苔口を何とか(略)
by mineja (2007-12-04 22:37) 

(仮名)カキタニ

コケは曜一朗の最良の遊び相手(余暇時間での)としてセレッソに不可欠なのですが、しかし2008年曜一朗と同じ年の白谷君と日章学園の黒木君が入ってくるためその地位が脅かされつつあります(ry 。ちなみに2007の第4Cの福岡戦で苔口途中投入でなかなかいい動きしてましたよ。アシストも記録したし。来年に期待???今年苔口で一番印象的だったのは21節徳島戦での78.3mドリブルランです。ドガッチでみれますので、その部分だけ見て他は是非見ないで今後も期待してあげてください。スピードを最大限に利用して一気にギュイーーーんと行く姿は圧巻ですが最後が決めきれないのが苔らしい所。そこで決めきれる力。その覚醒を僕も見てみたいです。今や苔口が登場すると長居ではそこらじゅうから『コケ走れ!!』と『走れコケ!!』この2フレーズだけの怒号が飛び交います。
まあこれもある種の長居の文化の一つでしょうか?
by (仮名)カキタニ (2007-12-13 01:09) 

mineja

>カキタニ君
コメントありがとう。

白谷の入団決まったみたいね。よろしく頼むよ。
あとコケも(略)
by mineja (2007-12-18 20:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。