So-net無料ブログ作成

バンコク到着 [2007アジアユース予選・タイ]

■2007.11.10(土)


アジアユース予選のチケット。
二試合目ハーフタイムの入場だったためチケットチェックはなかったけど...。

6:30に家を出て、10:30に関空着。セントレア直行に体が慣れちゃったから結構キツイ。
今回はシンガポール航空の無料特典航空券で、申し込みが直前だったので、大阪発・名古屋着しか取れなかった。まぁ大阪発だとバンコク直行だし、帰国後すぐに会社直行なので都合は良かったのだけど...。


関空で昼飯。


機内食。まぁ食べませんけど。

16:30バンコク・スワンナプーム空港着。
ガイドブック(地球の歩き方)には路線バスに乗るにはシャトルバスでバス乗り場に移動...と書かれていたが、シャトルバスの乗り場に付いた途端に路線バス(戦勝記念塔行きの551番)がやってきて、迷いながらも飛び乗る。
戦勝記念塔(BTS・アヌサーワリー・チャイ駅前)まで34B。


ほどほどにエアコンがきいて快適なローカルバス。

ウワサの渋滞にも巻き込まれず、順調に街中へ。信号待ちでクラクションが無いのが新鮮。


戦勝記念塔着。

時間は18:30。アジアユース予選のミャンマー-台湾のキックオフ時間。どうせ宿はスパチャラサイの近くと決めていたので、BTSに乗る。
サヤーム駅で乗り換えて、あと一駅...というトコロでアクシデント発生。BTSが発車しない。駅員が10分後...と言うものの発車する気配はなく、試合とは関係なくどうせスパチャラサイには行かないといけないので、駅を出て徒歩で移動に切り替える。
が、どうも方向が良く分からず、教えられた道も違ったみたいで仕方なくタクシーに乗る。
一台目は、行き先を告げた後、"How much?"と聞いてきたので迷わず降りる。(メータータクシーだったんだけどね)
二台目は場所がナカナカ伝わらなかったけど、無事にメーターでスパチャラサイ着。ええチップはしっかり出しましたよ。

JFAのカメラ隊の近くに座ってようやく落ち着く。ミャンマー-台湾は0-0で前半終了とのこと。


後半開始。評判通り、ナカナカ見やすいスタジアムです。


アナログなボード。


でもタンカは車。

後半もどちらも点は取れず0-0で終了。終盤に台湾がゴール前にこぼれたボールを押し込んだのだけど、オフサイドの判定で無効に。


試合終了。ミャンマーの無念さを表すアバウトな並び。

ミャンマーは基本的に中盤フラット気味の4-4-2。
中盤左の#11(左利き)が割と器用で足も速く、やや危険な気配。左SBの#5もガンガン前に出るので左サイドの攻撃は迫力あり。ただし、二人とも守備意識が薄いのか、戻りは遅く、他の選手でカバーするという感じでもなく。
後は中盤真ん中の#17がボールを効果的に散らしていた印象。
ミャンマー全体としては、繋ぎたいのか早く攻めたいのかどうにも中途半端な感じ。ただし、カウンターのタイミングがツボにはまった時の鋭さは目をみはるものが。
ま、日本とやるときはどう出てくるかは分からない...というのがカメラ隊の方のお言葉。

試合後、無事にほどよい宿を見つけて、何とか初日終了。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。