So-net無料ブログ作成

ジャカルタ観光(らしきもの)【インドネシア旅行記-2】 [2006ジャカルタ・ロンボク]

■2006/12/30の旅行記

■朝飯


ホテルのレストランで。ビュッフェ形式。種類も沢山あってナカナカいける。

■ブロックMへ

散策へ出発。
意外と知られてないけども、インドネシアの首都・ジャカルタは人口1000万人を越える大都会。

中心部はこんな感じで立派なビルが建ち並ぶ。(一本裏道に入るとカオスなのは、まぁ当然...。)

まずは、バス(TransJakarta)に乗ってブロックM方面へ。
3500Rp.(一律料金)を窓口で支払う。バスもすぐやってくるし、エアコンも適度に効いていて快適。運転手と別に車掌も乗っているので安心。夜は別なんだろうけど、これは助かるなー。
時間が早いのもあって道も混んでいないけど、専用レーンを走るのでスイスイ進む。
20分ほどでブロックMのバスターミナル着。

まだ9:00前なのでパサラヤ(デパート)もプラザメラワイ(ショッピングセンター)も開いてない。全然人がいないプラザメラワイも新鮮。
バスターミナルの近くの携帯電話屋でGMS携帯のSIMカードを購入。


プラザメラワイ入り口の前にいたネコ。いやーそんなにこっちを見ないでー。


いやー前足と後足揃えて座らないでー。

■スナヤンへ

再びバスに乗って、スナヤンで降りる。目的地は...。


スナヤン競技場。(お約束すぎ?)

当然、次の写真は...。


いえーい。
今回はセキュリティの問題で簡単に入れず苦労した。思わず守衛に袖の下渡そうかとまで考えたくらい。それでも何とか守衛の隙をついて(嘘)潜入に成功。でもこれ以上は無理だった。

ここは、今年の夏に行われるアジアカップの決勝の舞台。
日本代表チームが三大会連続のアジア王者をかけて、このスタジアムにやって来れるかどうかには全く興味はなく:-) 思い返すのは昔話。

1994年アジアユース。名実共にチームのエースだった伊藤卓が、厳しく激しいマークに合いながらも、その足で世界への扉を蹴破った思い出の地。
あらゆる年代を通じて初めて自力でFIFA主催の世界大会への出場権の獲得。その後の7大会連続のワールドユース出場や、ワールドカップ出場などにつながる日本サッカーが世界に向けて航海を始めた記念すべき地であるのだ。(その後が順風満帆かどうかは知らんけど)

いややっと来れた。嬉しい。


ここにはインドネシアサッカー協会他、各種スポーツ協会が入っている。
"GELORA BUNG KARNO"というのが正式なスタジアムの名称らしいのだけど、ほとんどの人は“スナヤン・スタジアム”と呼んでいる。
(ガイドブックには“オリンピックスタジアム”と記載されているケースもある。当然、インドネシアではオリンピックは未開催...。)


アジアカップに向けてか、改装中。足場が竹製なのが何とも...。


いやー南国でもネコが丸くなって寝てるー。

■昼飯

スタジアムをぐるり一周して撤退。帰り道をショートカットしようとしたら道を間違え、元の道に戻ったらちょうど新しくできたレストラン街の前に。
鼎泰豊が入ってる。あーそういえばジャカルタにできたって言ってたなぁ...ということで入る。


ジャージャー麺。うーんいま一つ。


小籠包。イスラム圏につき、中身は鶏肉。味気なし。
うまいのまずいの言う以前に味の素使いすぎ。一個食べる事にお茶をがぶ飲み。


何やら前衛的な盛り付けの杏仁豆腐。(単に土台の氷が滑っただけ)
まぁこれは普通。


さぁ午後の散策に...と思ったら突然のどしゃ降り。しばらくプラザスナヤンで雨宿り。

止む気配がないのでタクシーでホテルへ。ホテルを到着する頃に止み始めた。

■モナス

ホテルで少し休んで午後の部スタート。バスでモナスへ。
モナスとはMonumen Nationalの略で独立記念塔。


高さ137m。エレベータで展望台に登れるらしいけど、興味は無し。
行列できてたし。途中で止まったらどうするよ。


天辺には35Kgの純金でできているという炎のモニュメントが。

■イスティクラル・モスク

続いて、モナスの隣にあるイスティクラル・モスクへ。


ナカナカ近づかない。


東南アジア最大のイスラム教礼拝堂。これまた意外に思う人もいるかも知れないけど、インドネシアは総人口2億人の約90%がムスリム(=イスラム教徒)と世界最大数。(でもイスラム国家ではない)

正面の入り口からはムスリムしか入れないらしく、警備のおっさんにお願いすると裏手から入れる。


んー流石に雰囲気は素晴らしい。


文献によって数字が違うけど、内部に五万人、外に五万人入るらしい。
翌日の犠牲祭はここが満員になるそうな。

いやーいいもん見たなー、色々ガイドしてくれたおっさんにチップでも...と考えてたら、先に要求された:-)
自分に50,000、モスクに50,000、計100,000Rp.。いや高いでしょ。
とりあえず、現実的(と思う)金額を渡して、配分は自分で決めてもらう。

■カテドラル

続いて、モスクのお向かいに立つカトリック教会へ。


モスクだけでなく、こんな立派な教会のあるのです。


初めて見たよ、懺悔室...。


こちらも立派な作り。

教会ではガイドもないが、チップもない。まぁコメントは無しで。

■晩飯

タクシーでホテルに戻り休憩した後晩飯へ。行き先は二軒隣のインターコンチネンタルホテル(の地下)


2004年に曽我ひとみさんが家族と再会した、ジャカルタ・インターコンチネンタルホテルのロビー。

行き先は、出張時はよく来た、“うめな鳥”。釜飯が名物。夜は高いなー。


最初の三品。海草サラダのマヨネーズが安っぽくって何ともうまい。


茶碗蒸し。


焼き鳥。


お待ちかねの釜飯。


いつもの鮭味噌。


いやおこげもしっかりできててうまー。


デザートもしっかり。

あれ?何しにインドネシア来たんだっけ?

スナヤンスタジアム


nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(2) 

nice! 3

コメント 7

ママハナ

うわ~~~こうしてみるとジャカルタ むっちゃ楽しそうですね!
遊びに行きたくなっちゃいます(笑)
by ママハナ (2007-01-18 10:25) 

mineja

>ママハナさん
nice!ありがとうございます。
ジャカルタには観光客を多く集める様な名所は無いですけど、
逆に情報が少ないので新鮮でした。
特にイスティクラル・モスクは前々から行ってみたかったので、
今回入ることができて良かったです。
by mineja (2007-01-18 20:44) 

えどもん

インドネシアの料理は味の素の味というのは本当なのですね!
アジアはシンガポール以外は行ったことがないので、よくわかりません。
by えどもん (2007-01-20 16:36) 

mineja

>えどもんさん
nice!ありがとうございます。
店にもよると思いますが、東南アジアの普通のレストランは使ってると
思いますよ。
少しならいいのですが、大量投入されるとツライですねー。
今回は特に豚の替わりに鳥を使っていたので、特にごまかす必要が
あったのかも知れません。

#日本もアジアだし世界の一部よ:-)
by mineja (2007-01-28 20:35) 

mineja

>ランランラン太郎さん
nice!ありがとうございます。
by mineja (2007-01-28 20:36) 

かねコング

おぉー(^_^)/ナンカ楽しそうですねぇー!行きたくなりました!
文章が面白いし、そそりますね!猫可愛い(笑)
本題。 ↓

ちょっと学校で、調べごとがあって、インドネシアを調べてるんですが、この記事、少し使ってもよろしいでしょうか?早めに更新お願いしますねぇー!
by かねコング (2007-03-01 23:13) 

mineja

>かねコングさん
コメントありがとうございます。
勝手知ったるジャカルタですが、一人歩きは初めてでしたので新鮮でした。

記事の引用ですが、何をどう使用されるのか分からないのでお答えしづらいのですが、著作権云々を持ち出すほど高尚なブログではありませんので、当方に被害のない範囲でしたらよろしいのではないでしょうか。
#使うのは記事そのものではなく、写真ですよね?

インターネットでの二次使用となると、ちょっとイヤンな感じはしますが、事後でも良いので報告して頂けると嬉しいです。
#僕が写ってる写真は勘弁して頂きたいですが:-)
by mineja (2007-03-02 23:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。