So-net無料ブログ作成

クラシコ生観戦...できず そして帰国 [1999スペイン&フランス]

■1999/02/14 (土)

本日は大一番のクラシコの日。その前にバルサBの試合を観に三人でカンプノウに向かう。


カンプノウの隣のミニスタジアム。入場料2900pts.


向こうに見えるは憧れのカンプノウ...。

試合は二部Aで首位のラージョ・ヴァジェカーノとの対戦。(翌シーズンは一部昇格)
バルサBはぶっちぎりの最下位だが、トップチームでの出場経験もある、シャビ、ガブリの二人が出場。(この二人は主力として二ヵ月後のワールドユースで優勝する。決勝の相手は日本。)
この二人が存在感を見せつけ、1-0でバルサBの勝利。
得点は一点のみだったが、試合は完全にバルサBが支配。点が入らないのはシャビのパスが鋭すぎて、Bの選手では合わせられない、という感じ。

試合後、再度ダフ屋と交渉。一枚だけ20,000pts.というのが有って迷うが、一人だけというのもアレなのでパス。
日本人が数人いたので、情報交換。やはり、20,000~40,000pts.が相場のようだ。
既に入手していた人がいたので見せてもらうと、ソシオの会員証だった。
顔写真入りだけど、別人が入場できるのか疑問だったけど、不思議とスペインなら大丈夫な気がする。
その会員証は、試合終了後、必ず返却する様に強く念押しされたらしい。そりゃ当然だけど、あまりにも無用心な気が。皆で『持ち逃げしちゃえば』とか無責任に言い合う。

取り合えず、生観戦はほぼ諦める。ホテルに戻ってTV観戦...といきたいが、この試合は地上波での放送がなくデジタルBSのみ。そのため、我々は簡単に見ることができない。
ランブラス近辺のスポーツバーは何処も満員で入れない。

ガイドブックを調べて、サグラダ・ファミリア前のアイリッシュバーに行ってみる。
(ここが駄目なら二人には悪いが、自分だけカンプノウでチケットを入手するつもりだった)
そこそこ混んでいるが、無事に入店しTVの近くに陣取ることができた。

その後も人は増え、試合が始まる頃には激混み状態に。
二人と、試合の状況によっては早めに退散しよう、と打ち合わせ、試合を待つ。

試合は...この日の大一番に合わせ、イエロ、サンチスの二人が復帰したマドリーだが、開始10分ほどで、フィーゴの突破をロベルト・カルロスが後から倒してしまい一発レッド。
この後、バルセロナが好き放題に攻めて、3-0で終了。
試合前、6だった勝ち点差がこれで9に広がり、マドリーの優勝はほぼ絶望的となる。
(最終的にこのシーズンはバルセロナ優勝)

生で観たかったのが正直なトコロだが、本物のバルサファンと共にTV観戦するのも非常に楽しかった。いい経験だったと前向きに考え、店を出る。

#よく考えたら、チケットが入手できなかったフランスワールドカップの #穴埋めの旅行なのにやっぱりチケットが入手できなかったという...。


夜のサグラダ・ファミリア。

翌日は帰国のなので荷物をまとめていると...TVは本日のクラシコの特集を夜通しやっている。
特に、試合の流れを決定付けた、ロベルト・カルロスのタックルは、何十回となくリプレイされジャッジが正当だったのか議論している。
(ま、スペイン語は全く理解できないけど、バルサファンは当然退場!、マドリーファンは警告で十分と言っているのは分かる:-)

これがサッカー文化ってヤツだなぁ...ここまで追いつくのに何年かかるのかな?と思うと同時にべつにこっちの方向に行く必要もないよなぁ、と思いつつ寝る。

※追記。ついでに帰国の分も
■1999/02/15 (日)

いつもは淡白に終了する旅行記。バルセロナ→アムステルダム→成田と予定通り帰るのだが、最後にドラマがあった。
朝、三人(僕以外の二人は最後は関空着の予定)で空港に向かい、チェックイン、出国を済ませ飛行機に乗り込むも...ナカナカ飛ぶ気配がない。
どうやら、アムステルダム・スキポール空港が霧のため、待ち状態らしい。
二時間ほど機内に閉じ込められた後、出発。アムステルダムでの乗り換えが心配だが、CAによると大丈夫でしょう、とこコト。(まぁ同じKLMだし、そんなに心配はしていなかったが...)

スキポール空港に着いて、フライト案内を見ると...成田行きも関空行きも既に出発済み。
がぁん。係員に言われるままに、チケットカウンターに並ぶも、三箇所ほどたらい回しにされる。
最後に並んだところには、同じように乗り遅れた日本人が多数。
アムステルダム宿泊で翌日便に振り替えか?でも格安チケットだしどうなるの?と思ったがどうやら当日夜のJALに振り替えてくれる模様。
(僕は、もう一日アムステルダム滞在でもラッキーと思ったが、残りの二人は仕事の都合で休みを延長しづらいらしく、かなり焦っていた)

このカウンターで結局二時間以上待ち、無事に成田行きのチケットを確保。
友人二人は関空行きは取れずに、こちらも成田行き。ま、帰れるだけ良しですな。


一緒に並んで励ましあった皆さんと一緒に。疲れと安心感で何とも言えない表情。

その後は無事に帰国。
関空から成田になった二人は結局、荷物は関空に行ってしまい、成田では受け取れなかった。
ま、手ぶらで帰れて結果オーライですな。

予約済みの飛行機に乗れなかったのは、今のところ、これが唯一の経験。
Chikaraさんのモスクワでの経験の様にビザが必要な国でのアクシデントは大変な様です。

ミニスタジアム


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 4

ランランラン太郎

私はいつもお決まりの観光旅行しかしたことがないので、
ちょっとハラハラどきどきの旅ですね。
by ランランラン太郎 (2006-09-30 15:25) 

kokoromi

皆さん無事に日本に帰れてよかったですね。
しかし、関空に帰るはずが成田についてしまった方々は、
その後どうなったのでしょう?
by kokoromi (2006-10-01 01:32) 

mineja

>ランランラン太郎さん
nice!ありがとうございます。
待ち時間は長かったですけど、結局日程通り帰国できたので、実際は
大した事ではないのかも知れません。
しかし、海外での、今の状況が不明でこの先どうなるの?という不安は
やはり非常にイヤなものです。
なるべく移動には余裕を持たせて計画はたてますが、飛行機の乗り継ぎだけは
天候まかせなトコロがあってどうしようもないですけどね。
by mineja (2006-10-01 15:54) 

mineja

>Chikaraさん
コメントありがとうございます。
実は私も、知人二人も帰るのは静岡ですので、成田でも関空でも
そんなに変わらないのです。
ただバルセロナでチェックインする時に荷物は関空行きで登録されたため、
変更が間に合わなかった様です。(荷物は後日、無料で送られてきたそうです)
by mineja (2006-10-01 15:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。