So-net無料ブログ作成

サンチャゴ・ベルナベウ→ビセンテ・カルデロン [1999スペイン&フランス]

■はじめに

1999年2月に行った、マドリー→パリ→バルセロナの旅行記。

そもそも、前の年のフランスワールドカップのアルゼンチン-日本に行くはずだったのが、例のチケット詐欺のお陰で、行けずに終わっていたところ、サッカー仲間であるK女史の“夢やぶれて渡仏あり”を読んで、俺はこのまま夢やぶれたままでいいのか? と無理矢理計画した旅行。

ホントはマドリー着後すぐに夜行でリスボンに行って、ジョアン・ピント(当時ベンフィカ)の試合を見て、パリでポルトガル-オランダの親善試合、という予定だったのだけど、この親善試合のため、土曜日にやるはずのリーグ戦が出発直前に木曜日に変更!!
マドリー着は木曜夜。最初から躓く...。
#このために買ったユーレイルパスは、スペイン-フランスの単純往復のみ使用...。

■1999.02.06(金)

午前中は当面の予定の建て直しと宿探し。
(前日の着時間が遅かったので初日のホテルは空港で手配した。宿泊気にせずに出発する様になったのはこの時からか)

SOLの近くで、2500pts.のHostelを選ぶ。トイレもシャワーも共同で窓も無いけど、安全そうなトコロ。
一息入れて、出発。行き先は勿論...。


サンチャゴ・ベルナベウ。(友人Mいわく、お約束の0番ゲート)

#今は嫌いと言ってもいい、レアルマドリーだけども、レドンドのいたこの頃は
#尊敬するチームの一つだった。
#いやジダンとフィーゴまではいいと思うのよ...。

メインスタンド側に周って中を覗きこんでたら、何か入れそう。係員に断って入場。


メインの一部は出入り自由らしい。他にも何人かいた。


取りあえず記念写真。

この後、翌日の試合のチケットとショップでグッズなどを購入。
サンチャゴ・ベルナベウの後は当然...。


ビセンテ・カルデロン。(僕、何か間違ってますか?)


メインスタンドの下が道路という、トンデモ構造。左のバスには意味があった。

取り合えず一周してみるか、とトンネルの中に入ったら先ほどのバスが停車しており、何人かのアトレチコファンが待機中。どうやら遠征出発前らしい。
一緒に出待ちして、チャモやらホセ・マリやら更にはサッキのサインを頂く。

----
※追記
すーさんさんのビセンテ・カルデロンでの観戦記はこちら

※さらに追記
何と本拠地移転らしい
----

今思い返すと、どんな旅行やねん、という突っ込みしか出てこないが初日終了。

サンチャゴ・ベルナベウ


ビセンテ・カルデロン


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 2

nice&コメントありがとうございました。
私は実はファイターズよりももっとレアルファンなのであります。
日韓W杯のときのボランティアがきっかけで、ラウルとベッカムの追っかけをしていました。その記事はこちら↓

http://blog.so-net.ne.jp/panda_hao-travel151a/2006-07-11

レアルの本拠地に行ったなんて、すご~い。一人で興奮しています。
フィーゴが抜けてちょっと寂しくなりましたが、あのプレーを間近かで見ると、Jリーグのレベルはまだまだだなってド素人ながら思いました。
SIEMENSのクラブユニフォームは大事に我が家のクローゼットで眠っています。
次、あれを着て応援できるのはいつのことになるやら。
by (2006-09-20 00:03) 

mineja

>好(ハオ)くんさん
nice!ありがとうございます。
この頃は、ジダンもフィーゴもいなくて、今と違って、
    歴史はあるけど借金もある。
    有名選手もいるけど、怪しい二世選手もいる。
という非常に掴みドコロの無い怪しくステキなチームでした。
まさか、あそこまで立て直して、そして転落するとは想像もできませんでした。
次の記事では試合観戦記の予定です。多分ラウール大活躍の予定です:-)
by mineja (2006-09-20 00:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。