So-net無料ブログ作成

【昔話シリーズ】欧州選手権観戦記-7 [1996欧州選手権観戦記]

■1996.06.20(木) 聖地巡礼の日

ロンドン在住の知人と昼食の約束をしているので、朝ややゆっくりしてホテルを出る。

地下鉄に乗る前にいつもの様に“SUN”を買う。一面はサッキ、最終面はゾラ。
『イタリア奇蹟の一次ラウンド突破』といったところか、と読んでいたら、“sad”やら“unhappy”やら不景気な文字が踊る。ページをめくって順位表を見ると、チェコが二位でイタリアは三位。
得失点差ではなく、直接対決優先か...と気付いたのはこの時。
昨日の中継のチェコが3-3に追い付いてからのサッキのアップはそのせいだったのか。

----
※追記
この大会のイタリアの詳細については、菊一文字さんのブログに詳しくあります。
http://blog.so-net.ne.jp/thistle/2006-10-01
----

知人(日本人)と旦那(英国人)とその友人二人(英国人)と昼食。結局ここでもパスタ。まぁ好物だからいいんだけど。

日本からわざわざfootballを見に来た、と紹介される。
一人だけ食いついてきて、『当然イングランドが4-1で勝った試合は見たんだろうな?』と突っ込まれる。
うっ。いゃ実はイングランドの試合は見てないんです、と説明すると、やれやれ何しに来たんだか、と云う表情をされる。ごめんなさい。

昼食中、色々観光の穴場を教えてもらったが、午後の行き先は決まっている。
地下鉄を乗り継ぎ、一路、ウェンブリーへ。

大会期間中だけに、ツアーはやってないか?と思いつつも一目見ておきたい。
ワクワクしつつ、ウェンブリー着。『Tour Open』の文字が見える。やった。

何十人もの行列があり、げげっと思ったが、どうやら準々決勝以降のチケット販売の列らしく、スタジアムツアーは出発直前のグループに滑り込むことができた。

まず、モニターが並ぶ小さな部屋に入り、簡単な説明と各自(十人ほど)の簡単な自己紹介の後、スタンドへ。


Q-ファイナルのイングランド-スペインを待つ、ウェンブリースタジアム。芝の状態はかなりいい。


#このスタジアムは既に解体済み。この時来ておいてホントに良かった。

----
※追記(2007.05.26)
マリンかもめさんにより、新ウェンブリーでのFAカップファイナルの記事。
http://blog.so-net.ne.jp/marin-kamome/2007-05-20-1
----

その後、スタジアム内部に入って、下のフロアへ。


ホームチームの控え室。イングランド代表のシャツがかけてある。


選手が実際に通るルートでグランドへ。この時、歓声の音がスピーカーからかなりの音量で流される。ちょっとトリハダたった。


ちょっと遠いグランド。試合の無い時は芝に入れるらしいけど、EURO期間中につき、これ以上入れなかった。残念。

メインスタンドに登って...。


用意してあるトロフィーで記念撮影。

ウェンブリー(建設中...)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 2

それいゆ

ウェンブリー、なつかしいです。
ちょうどこの頃ロンドンに住んでいて、1度だけ日本代表の親善試合(たしか・・・)を見に行ったことがあります。
Jリーグが始まる直前くらいから私のサッカー観戦は始まったのですが、この頃はまだ海外のサッカーはあんまり興味もなくて・・・。
今思うと、せっかく本場にいたのに残念かも。
by それいゆ (2006-09-19 00:58) 

mineja

>それいゆさん
nice!ありがとうございます。
1995年のアンブロカップですね。井原のヘッドで1-1に追いついて、
最後の最後でテツのハンドでPK取られた試合。
ウェンブリーでイングランド代表ってだけですごいのに、唯一の日本戦とは!!
いやー素晴らしい観戦暦をお持ちで羨ましい限りです...。
試合は見られませんでしたが、非常に重みを感じるスタジアムでした。
新スタジアム建設のため解体したのを考えると、中途半端な観光せずに、
スタジアムツアーに参加できてホントに正解だったと思います。
by mineja (2006-09-19 21:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。