So-net無料ブログ作成

高円宮杯(全日本ユースサッカー選手権大会)観戦 [football]

■2006.09.10(日) 高円宮杯 第17回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会(長い...)

一次ラウンド初日の今日、グループDの二試合を藤枝総合で見てきた。

■第一試合 静岡学園高校(東海第一代表) 2(前半:1-1)1 滝川第二高校(関西第三代表)
                 
cobaさんのブログで、滝川二高の黒田カントク退職のニュースを直前に知り、個人的に注目の一戦だった。11:00キックオフ直前に会場着。


滝二。


静学。初披露のニューユニフォーム。
この写真だと違いは分かり難いか。胸の黄色のラインが無くなり、全体的にグラデーションが。

内容は...暑くてよく覚えてない。序盤、滝二が押し込むも、不用意(じゃないのもあったろうけど)なファールで黄色三枚。これで最後に響く。
前半30分頃、静学が先制。35分頃、滝二同点ゴール。1-1で前半終了。
後半も一進一退という感じ。後半30分頃、静学執拗な左サイドからの攻撃。
『いい加減サイド変えろや...』と内心思ったが、これが功を奏してか、滝二DF、GKともクロスの折り返しにやや対応が遅れた感じで静学ゴール。2-1。
滝二反撃に出た途端、二枚目の黄色で一人退場。攻め手に欠き、2-1のまま終了。


試合終了後。

■第二試合 大分トリニータU-18(九州第三代表) 0(前半:0-0)1 作陽高校(中国第三代表)


作陽。


大分。

開始直後は両チームとも動きが悪く、ミスを連発。
前半15分過ぎから、作陽#22阿川と#9村井のシンプルなプレイがつながり出す。
その他作陽の選手は、足の裏を使った引き技、ヒールパスなどを多用し、フットサルっぽくて面白かった。(決して苦し紛れのプレイには見えなかった)
前半終了間際、大分ゴール前での不用意なパスを、作陽#9村井がカットしてGKと一対一。
これをペナの外でGKが倒してしまい一発退場。
その後のFKは凌いだが、前半既に一人選手を変えている大分は後一人の交代枠で苦しい。
0-0で前半終了。

後半開始直後、作陽先制。
大分攻めるも十人では厳しい。が、後半半ば念願のPK獲得。が、が、これを失敗。
終盤は作陽の執拗なコーナー付近での時間稼ぎもあり、1-0で終了。


試合終了後。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 4

ヨウ

お邪魔します。
いただいたコメントのURLからやって参りました!
静学の新ユニ・・・こちらで初めて見ました。
もう昔のユニが見られないのかと思うと少し寂しい気もします↓
それにしても藤枝では2試合とも退場者が出たんですね。。
by ヨウ (2006-09-10 23:58) 

いよいよ始まりましたね。
良い若手がたくさん出てくるといいですね。
by (2006-09-11 23:07) 

mineja

>ヨウさん
コメントありがとうございます。
そうなんです、これだけ暑いと一人多いチームに引かれると簡単に
崩せませんからね。力の拮抗した二試合だっただけに少し残念です。
今大会はこの後、生観戦はなさそうなのですが、何処が勝ち上がるのか
楽しみです。
by mineja (2006-09-12 01:46) 

mineja

>らんまるさん
nice!ありがとうございます。
知ってる選手は皆無でしたが楽しめました。やはり若者の試合は良いです。
A代表の試合に文句ばかり言って、先行きを必要以上に悲観してる連中、
少しは見に来いやっ!って感じですわ。
by mineja (2006-09-12 01:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。