So-net無料ブログ作成

ハワイ三日日/センチュリーライド当日【2005ホノルルセンチュリーライド-3】 [2005ホノルルセンチュリーライド]

■2005.09.25の旅行記(旧ブログから移管)

■スタート地点

いよいよ当日。
準備は前日の内に済ませておいたので着替えと朝食を終えて、AM5:00ロビーに集合。
全員集合の後、自転車を押してゾロゾロとスタート地点のカピオラニ公園へ。


すっかり日も昇ったAM6:15スタート。

■スタート~25マイル折り返し地点

スタート時の混雑ですっかりはぐれてしまい、こりゃ50マイル(当初は半分のつもりだった)単独走行か~?と考えていたら...
アライ君とイトウ君がダイヤモンドヘッドの辺りで待っててくれました。いい人たちや。

その後続々と集合し、結局、昨晩ご飯を一緒に食べたメンバーが集結して走る事に。

住宅地を走った後に、ハイウェイに入る。(ここは昨日走ったコースと同じ)

スタートしてしばらくはこんな感じで一車線確保してくれてるので走りやすかった。

ハイウェイを降りてしばらくすると...

いよいよ登場、ハートブレイクヒル。覚悟して臨んだものの...意外とアッサリ登坂成功。
真っ直ぐな登りだし、勾配は一定だしギアの選択さえ間違えなければ問題なし。
ただ、降りて押す人がそこそこいて一部は結構な渋滞でそれを避けるの難しかった。

坂を下って、サンディービーチに出ると、最初のエイドステーション、25マイル折り返し地点。

まだまだ余裕。ここまでの走行距離20km。
大した疲労もなく、軽く燃料補給だけ済ませて出発。

■25マイル折り返し~40マイル折り返し

クネクネとした長い登りを終えると、

マカプービーチ。ナカナカの景観です。

不安だった向かい風もなく、アップダウンもない海岸沿いを快適に走る。
40マイル折り返し地点のエイドステーション着。

ここまでの走行距離32km。

■40マイル折り返し~50マイル折り返し

事前にもらった地図では、またここから長い登り...のはずがアッサリ終了。拍子抜け。
(最後までこの地図には泣かされることになる...)

森の中の一本道を快調に走ります。
ずっと木陰で涼しい。ちょっとペースを上げて、この区間はアライ君、イトウ君と三人。

森を抜けて住宅地に入った辺りで、50マイル折り返し地点のエイドステーション着。

お、これは貴重な3ショットだ。ここまでの走行距離40km。

当初の予定では、ここで引き返すつもりだったんだけど...腰の調子もいいし、まだまだ景色を
楽しみたい、何よりもアライ君、イトウ君達ともっと走りたいという気持ちもあって100マイルに
挑戦することにする。(彼らは当然最後まで一緒に行くものと思っていた様ですが...)

水分補給と燃料補給を十分済ませて再出発。

■50マイル折り返し~75マイル折り返し

ここまでちょうど三時間。このままのペースでは100マイル完走ギリギリのペース。
(各折り返し地点にはクローズ時間が設定されており、その時間までに入らないといけない。とはいえ、そんなに厳密ではないけど、一応の目安にはなる)
ペース自体がゆっくりだったし、記念撮影やらエイドステーションで時間をかけていたのを考えれば全然問題ないのだけど、パンクやらのアクシデントの可能性を考慮してペースアップ。

この区間は市街地、海沿い、丘陵とバリエーションがあり、走りが楽しめる区間。
100マイル、75マイルで折り返して来たヒトタチとすれ違う回数も多くなる。

ここまでくると気温が大分上がってきたのもあって、そろそろ疲れを感じ出す。
男性陣で何とか引っ張り、75マイル折り返し地点のエイドステーション着。

ここまでの走行距離60km。そろそろ笑顔もなくなってきた...。

■75マイル折り返し~100マイル折り返し

地図ではほぼフラットなので楽勝のハズが...アップダウンが継続的にあり、結構クネクネ曲がっていてブラインドのコーナーも多く苦しい区間。
とはいえ泣き言も言ってられないので、気合で乗り切る。
時折垣間見られる、東海岸はきれいで心和む。

最後は海岸沿いの一本道。遂に100マイル折り返し地点のエイドステーション着。


浮かれてますが、まだ半分しか走ってないんだよね。


ここまで走ると立派なチーム。連帯感はあります。

ここまでの走行距離80km。十分な休息を取っていよいよ帰路に。

■100マイル折り返し~75マイル折り返し

行きでも苦労したこの区間、午後に入り気温が更に上がり、ますます難関に。
結果的に全部先頭を走ったのだけど、ホントに苦しかった。
体力的にもだけど、当初の予定だったら今頃ゴールしててシャワーあびてんだよなぁ...というヨコシマな考えも頭を過ぎり、精神的にも苦しかった。

人知れず泣きそうな気持ちを抑えて、75マイル折り返し地点のエイドステーションに着いた時はマジで泣きそうになった。
ここまでの走行距離100km。

■75マイル折り返し~50マイル折り返し

スタートして最初の交差点を過ぎた途端にダッシュを見せるイトウ君。本能的(?)に追いかける。
(イトウ君は最初からこの区間のダッシュは決めていたらしい。置き去りにしてしまった他のメンバーには申し訳ないことをした)

流石自転車乗りだけあって、イトウ君との最初の差が縮まらない。むしろ開く一方。
住宅街に近づいた辺りで信号待ちの間に何とか追いつき、二人で50マイル折り返し地点のエイドステーション着。

ここでグループから先行した時間を利用してマッサージのサービスを受ける。
当初一人五分程と聞いていたのだが、空いているのもあって、十五分程念入りにやってくれた。
十分回復したものの、その間に追い抜かれ、コナミでも最後尾に。

ここまでの走行距離120km。

■50マイル折り返し~40マイル折り返し

遅れを挽回すべくここでもハイペースで飛ばす。(マッサージの意味無し。効率悪い)
行きは木陰で涼しかった森の中。太陽は真上にあって暑い。

信号無しでは本気のイトウ君(まだ本気レヴェルじゃないかな?)に追いつく術はなく、ほぼ単独走行で40マイル折り返し地点のエイドステーション着。

ようやく、ここで再集合。コナミのスタッフと残りのコースとペース配分を確認して出発。
ゴールはもうすぐ。ここまでの走行距離128km。

■40マイル折り返し~20マイル折り返し

先頭を走るつもりが、ゲートの混乱で出遅れてしまい、何故か女性の一人が先頭に。
変わろうか、と思ったけどペースも悪くないので様子を見ることに。

帰りは25マイル折り返しのエイドステーションが設定されていないので、マカプービーチ、ハートブレイクヒルの裏と二つの登りがあり、かなりキツイ区間。

登りは嫌いではないけど、体力的にはかなり辛い。不本意ながらギアを落として登りきる。
(そのギアもカナリ不調になってきており、切り替えに苦労)
ハートブレイクヒルを降り終えると行きのコースと分岐するので、念のため先頭を交代。

最後のエイドステーション、20マイル折り返し地点着。ここまでの走行距離144km。
時間は十分、さあ最後の一区間!

■20マイル折り返し~ゴール

再びハイウェイに。行きは一車線確保してあったけど、帰りはそれがなく、路肩を走る。
そのため、追い抜きが難しく(ここまで来て千鳥で走っている奴がいるのよねぇ...日本人)
ストレスを感じる。

ハイウェイを降りて、住宅街を抜けると最後の登りのダイヤモンドヘッド。
ここは一番重いギアで登り切ると(意味無し)決意していたので最後の挑戦。
何とか成功するもヒザがガタガタ笑ってまともに走れず。
降りは惰性に任せて、カピオラニ公園着。感動のゴールイン。160km完走!

膨大な量のアンケートを書き終えて、完走証をもらって記念撮影。


いやー、疲れた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。