So-net無料ブログ作成
1996欧州選手権観戦記 ブログトップ

【昔話シリーズ】欧州選手権観戦記-7 [1996欧州選手権観戦記]

■1996.06.20(木) 聖地巡礼の日

ロンドン在住の知人と昼食の約束をしているので、朝ややゆっくりしてホテルを出る。

地下鉄に乗る前にいつもの様に“SUN”を買う。一面はサッキ、最終面はゾラ。
『イタリア奇蹟の一次ラウンド突破』といったところか、と読んでいたら、“sad”やら“unhappy”やら不景気な文字が踊る。ページをめくって順位表を見ると、チェコが二位でイタリアは三位。
得失点差ではなく、直接対決優先か...と気付いたのはこの時。
昨日の中継のチェコが3-3に追い付いてからのサッキのアップはそのせいだったのか。

----
※追記
この大会のイタリアの詳細については、菊一文字さんのブログに詳しくあります。
http://blog.so-net.ne.jp/thistle/2006-10-01
----

知人(日本人)と旦那(英国人)とその友人二人(英国人)と昼食。結局ここでもパスタ。まぁ好物だからいいんだけど。

日本からわざわざfootballを見に来た、と紹介される。
一人だけ食いついてきて、『当然イングランドが4-1で勝った試合は見たんだろうな?』と突っ込まれる。
うっ。いゃ実はイングランドの試合は見てないんです、と説明すると、やれやれ何しに来たんだか、と云う表情をされる。ごめんなさい。

昼食中、色々観光の穴場を教えてもらったが、午後の行き先は決まっている。
地下鉄を乗り継ぎ、一路、ウェンブリーへ。

大会期間中だけに、ツアーはやってないか?と思いつつも一目見ておきたい。
ワクワクしつつ、ウェンブリー着。『Tour Open』の文字が見える。やった。

何十人もの行列があり、げげっと思ったが、どうやら準々決勝以降のチケット販売の列らしく、スタジアムツアーは出発直前のグループに滑り込むことができた。

まず、モニターが並ぶ小さな部屋に入り、簡単な説明と各自(十人ほど)の簡単な自己紹介の後、スタンドへ。


Q-ファイナルのイングランド-スペインを待つ、ウェンブリースタジアム。芝の状態はかなりいい。


#このスタジアムは既に解体済み。この時来ておいてホントに良かった。

----
※追記(2007.05.26)
マリンかもめさんにより、新ウェンブリーでのFAカップファイナルの記事。
http://blog.so-net.ne.jp/marin-kamome/2007-05-20-1
----

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【昔話シリーズ】欧州選手権観戦記-6 [1996欧州選手権観戦記]

■1996.06.19(水) ポルトガル-クロアチアの日

7:00、モーニングコールで飛び起きる。ホテルをチェックアウトし、タクシーでエジンバラ駅へ。
8:00発の列車に乗る。パンと水と新聞を発車前に購入。
東スポ派の僕は英国では当然“SUN”である。
一面も最終面もスコットランドの記事。スコットランド版であるから当然か。
“BREAK HEART”の見出しが泣かせる。

出発。乗換えのドンカスターまでは約3時間。当然寝る。何も考えず寝る。
はっ、と目が覚めた時、既に列車はドンカスター駅停車の為の減速を始めていた...。
うーあぶないあぶない。
その後ドンカスター、シェフィールドで乗換え14:30、予定時刻にノッティンガム着。

駅の地図でスタジアムの位置を確認し、歩いて向かう。途中クロアチアサポがちらほら。
ほんの数分でスタジアムを発見。何か地図で見たより近い気がするけどまぁいいや、とスタジアムの前に着くもサポーターも係員もいない。
“EURO96”の看板もポスターもない。しかもゲートが閉じていてとても試合前の雰囲気ではない。

不審に思いつつもう少し歩くとチケット売り場があり、当日券を売っている。やはりここなのか?
スタジアムのグッズ売り場が営業していたので悩みながらも入ってみる。
EURO96のグッズは皆無だし、どー見てもノッティンガム・フォレストのシャツでは無い...。

ノッツ・カウンティーのスタジアムだった。シティグランドは更に先。

大通りに出るとポルトガルサポータで溢れている。安心。
橋を渡るとスタジアムは目の前。でかい。先刻のスタジアムとは全然違う。

キックオフまで1時間程あるがスタジアムに入って座って待つことにする。
席は...バックスタンド、センターライン付近6列目。ほとんどグランドレベル。


ノッティンガムといえば、ロビンフッド。試合前には仮装した一団が。

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【昔話シリーズ】欧州選手権観戦記-5 [1996欧州選手権観戦記]

※追記

k-jさんのブログで美しいエジンバラの町並みが見られます。
特にスライドショーは必見。

----

■1996.06.18(火) エジンバラ観光→フランス-ブルガリアの日

8:00頃起きる。試合は16:00からなので午前中はエジンバラ観光の続き。歩いてエジンバラ城へ。

日本語の説明テープを借りたけど、説明が丁寧すぎて時間がかかってしまうので、テープを止めて自分のペースで歩く。細かい歴史的な背景は分からないけど、十分楽しめた。


エジンバラ城の入り口で衛兵さんと記念写真。

昼食後、13:00、エジンバラ発。一路ニューカッスルへ。14:30、予定通りニューカッスル着。
駅でスタジアムの場所を聞き歩き出すとフランスサポータがちらほら。15分程でスタジアム着。

今までの二会場では、それぞれのチームのシャツしか見かけなかったが、ここではニューカッスルのレプリカシャツを着た人が多い。(#14ジノラが圧倒的に多かった)

スタジアムに入る。

ニューカッスル・ユナイテッドのホーム、セントジェームスパーク。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【昔話シリーズ】欧州選手権観戦記-4 [1996欧州選手権観戦記]

■1996.06.17(月) エジンバラへ行く日

8:00頃起きる。この日は試合がなく移動だけ。9:30、チェックアウト。タクシーでグリムズビー駅へ。
10:30の電車にのりドンカスターで乗換え、一路エジンバラへ。

寝たり起きたり気を失ったりを繰り返して3時間後、15:30、予定通りエジンバラ着。
タクシーで10分程でホテルに着きチェックイン。一休みしてガイドブック片手に街へ。

Euro仕様のルーマニアシャツを展示しているスポーツショップを発見。誘われる様に中へ...。
日本で買うより少々安い。俺はまだ信じてるよ。とさっそく買う。
#その後ホテルで荷物を整理してて気付いたのだが、店の兄ちゃんにLをくれと言ったのに
#入っていたのはXXLであった。いくら何でもデカイ

サイズのことなど知る由もなく帰国したら背番号7を付けようと浮かれる。足取りも軽い。
#帰国後近所のサッカーの店に、#7,LACATUSのネーム入れを頼んだらできたら
#"LAGATSU"になってた。がっくし。
#今となっては、スペルは違うが逆にこのチームに愛着を感じないでもない。


エジンバラ城。デカイ。

18:00を過ぎると、何処の店も閉まり始めた。
腹が減ってきたのでガイドブックのスコットランド料理の店に行く。
が、既に満席で1時間待てとのこと。待てるかっ!と、近くのイタリアンの店へ。

カルボナーラを注文。ここまでの食事はホテルでの朝食以外は移動の合間にハンバーガー&水
ばっかりだったのでマトモな食事が何だか嬉しい。

23:00、TVでリネカーの番組を探すがやっていない。試合に無い日は放送がないのか、
それともスコットランドではプログラムが違うのか...。
歩き疲れたので寝る。スコットランドは11時すぎでも外は明るかった...。

--------------------
本日の鉄道移動距離 413km
  総鉄道移動距離 1171km

エジンバラ城


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【昔話シリーズ】欧州選手権観戦記-3 [1996欧州選手権観戦記]

■1996.06.16(日) デンマーク-クロアチアの日

7:00にモーニングコールで飛び起きる。疲れもあって熟睡できた。そろそろ時差ボケも解消。9:00にチェックアウト。

9:55にハロゲイト発の電車に乗り、リーズ、ドンカスターと順調に乗換え、13:00にホテルのあるグリムズビー着。タクシーでホテルへ行きチェックイン。
すぐに駅へ折り返して14:15発の電車で試合会場のシェフィールドに向かう。

予定では15:50シェフィールド着...の予定が途中で電車が止り30分程遅れて到着。
うーん、余裕持って移動していて良かった。

試合会場へ直行する路面電車に乗る。中にはデンマークサポータが数人。
既に酒が入っているらしく、騒がしいを通り越してかなり煩い。
彼らは途中デンマークサポの同志を発見すると更に大声で歌いだす。電車が満員であっても。
スタジアムまでは約30分。通りにデンマークサポの姿は途切れることがなかったため、最後まで歌いっぱなしだった。

キックオフは18:00、後一時間程。
早速グッズ屋へ向かい、知人への土産にTシャツ、帽子、デンマークマフラを買う。
が、自分用に欲しかったクロアチアのグッズがない。
でも欲しい。ので、仕方なくその辺のクロアチアサポにマフラを何処で買ったか聞く。
あっちの方に店が出てると指差し教えてもらう。店を発見(いわゆるバッタ屋)しマフラを購入。さっそく装備。

キックオフ時間が近づき入場。


会場はヒルズボロの悲劇で知られるシェフィールド・ウェンズデイのホームスタジアム、ヒルズボロ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

【昔話シリーズ】欧州選手権観戦記-2 [1996欧州選手権観戦記]

■1996.06.15(土) フランス-スペインの日

時差ボケでAM5:00に目が覚める。二度寝しようとしても眠れず。
ホテルを出てキングスクロス駅へ向かう。

この日はイングランド-スコットランドの日である。(最古の国際試合ってヤツですな)
通りにはスコットランドサポが数多くいる。いや普通に目立ちますが。

11:00過ぎ、キングスクロス出発。フランス、スペイン両方のサポがちらほら。
13:30頃、予定通りリーズ着。スタジアムはかなり遠いがバスが出てるらしく乗り場を地図で確認。
それぞれのホテルへチェックインすべくロペさんと一時別れる。

リーズから電車で30分程のハロゲイトのホテルに無事チェックイン。
リーズに戻りバス乗り場を警官に聞くも嘘を教えられ、しばしさまよう。
何とか辿り着いたバス乗り場(実はただの歩道の一部)はフランス人、スペイン人、イギリス人、一般歩行者が入り乱れる地獄絵図であった。途方に暮れる日本人約一名。
何とかチケットを買いバスに乗る。15分程でエランドロード着。
この時既に17:30近く。キックオフは18:00でグッズも買いたいが取敢ずスタジアムに入場。

席はバックスタンド、センターライン付近、下から2/3といった所。かなり見やすい。
グランドではフランス、スペイン両チームがアップ中。
おぉジョルカエフだデシャンだカランブーだ.........。
そうこうしてるとロペさんが登場。いよいよだね、いよいよですねと何だか落ち着かない。当然か。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【昔話シリーズ】欧州選手権観戦記-1 [1996欧州選手権観戦記]

■旧webより加筆・修正し移管

以前に某メイリングリストに『欧州選手権日記』として投稿したものを再編集。
ロスのホテルで玉蹴りながらあっくんと『でもホントに生で見たいのはEUROだよねー』
と話をした時から行く気は十分だった。
(ちょうど有給休暇とは別に五日間リフレッシュ休暇をくれる年だったし...)

当時は知識もノウハウもなくて、知り合いの知り合いの旅行会社の担当者に見たい試合のリストを送りつけて全て任せっきり。
ニューカッスルでの試合の日の宿泊がエジンバラだったり、今思えば摩訶不思議な旅程だけど、お陰で色んな都市を周ることができた。

■1996.06.14(金) 出国/入国の日

成田空港近くに前泊。ロビーで空港行きのバスを待っている間に読んだ新聞の一面は、
ガルーダの事故。いきなり凹む。
飛行機の事故の後は検査を念入りにやるから安心というのと、事故は連鎖するという説があるがどっちが正しいのか...。どっちにしろ今更止める気はないのだが。


成田空港にて。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行
1996欧州選手権観戦記 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。